02<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>03
2014/09/28 ( Sun ) 12:54:57
記事編集
12cmのケースファン買ってきました。
ENERMAX CLUSTER ADVANCE UCCLA12P
140928a
税込2000円超と少々高め。
だけど12cmファンの中でそこそこ評判いいみたいなので買った次第。

風切り音が低いのも支持されている理由だけど
PWMでなおかつ3段階の風量調節ができるとのこと。

だけど調節するコネクタがないし
ファンの外箱とかに説明書などがないので
「どこで風量をいじるのかなぁ…」と探していたらここにありました。
140928c
ファンのベアリング部分にツマミがありました。
今回は最大風量(1800rpm)の音を確認したかったので「大」にセット。

実はCPUファン忍者参(SCNJ-3000)に付ける目的だったので
”PWM制御で風量があってそこそこ静か”というのが条件なのです。

で、早速CPUのヒートシンクに付けようか…といじっていたら問題発生
ファンのケーブルがヒートシンクと接触して痛んでいたり。
140928b
このファンはPWM制御なので4本のケーブルなのですが、
ボンドの平面接着ではなくツイストで束ねている為に厚さがあり
忍者参で設けられているスペースを超えてしまっている様子。
これは本当に想定外の出来事。

痛んでしまったケーブル数本は絶縁テープで応急処置しましたが
さすがに常用するにはリスクが高いのでCPUファンの使用は断念。。。

はてさてどうしたものか…。
これはちょっと考えないといけませんね。
PC
トラックバック:--  | コメント:--