05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
2014/03/08 ( Sat ) 18:14:41
記事編集
今日は朝から瀬戸大橋を渡り高松へ。
P3081029.jpg
いつの間にか駅が顔になっていました(笑)

さて本日ここに来た理由は地元ニュースや一部ネット等で話題になっている
待望の四国新幹線?こと「鉄道ホビートレイン」展示会参加です。

12時25分開始予定だったけど、
せっかくの香川なので早めに入って瓦町辺りを歩こうという考え。
(そちらの話題はまた後日…)

ちなみに9時40分に高松駅に着いた頃には待機列には3名だったけど
11時過ぎにはいつの間にか列が膨れあがって100人程
まだ1時間半もあるのに…。

だけど列形成のフォローに入っていたJR社員さん曰く
「車内を早く見たい人が並んでいるので、展示開始時刻に来ても大丈夫」
と案内してくれたので一度列から離れてうどん!(笑)

連絡船うどんちくわ天ぶっかけを食べてみました。
SN3U5100.jpg
※薬味を乗せる前に撮っちゃいました…。
 実際にはネギ・ゴマなどが追加されるのであしからず。


そういえば私がここでぶっかけうどんを食べるのは初めてかも。
どうしても当時の記憶でかけうどんのイメージが強くて…。
これも思い出補正ってヤツなのかな?

えっと、ダシはぶっかけ系なので濃い口
だけど大根おろしが入っているのでひつこくはないです。

ちなみにこれを食べた後に100円でうどん玉追加したら
ダシだけでなく大根も追加してくれました。
なのでうどん2玉食べる以上にお腹が膨れました。
なんだかいつもの追加よりも特した気分(笑)

さてお腹いっぱいになった状態で12時過ぎから並んで待機。
開始前には列にはざっと300人以上
そして12時半には整理券配布と共にホームの中へ入れました。
P3081049.jpg
No135って想像よりも並んでいなかった?

まぁそれはいいとして例の列車は端っこの9番ホーム。
P3081051.jpg

それではご覧頂きましょう。
これが四国新幹線「鉄道ホビートレイン」です!
P3081067.jpg
うん、想像通りとても角張った新幹線
だけど見た目のインパクトは満点でした。

特に印象的なのが、0系の丸い鼻からライトのある目元付近
コレ、顔全体を新たに形成しているのではなく
中央部から2本のステイで支えて上部は開けているので、言うなれば
「0系新幹線のマスクをした気動車(←電車ですらない)(笑)
ちなみに車両形式はキハ32-3

だけど私はこういうチープなところが逆にお気に入りだったり。
少ない予算でがんばっているのがひしひしと感じてきますし…(笑)

あっ、ちなみにこれは高松方の向き。
反対側の松山方はというと…。
P3081069.jpg
そのマスクすらなくペイントだけで済ませています。
うん、こういう潔さもいいですねー!

そんな外観はこの辺りにして、整理券を使って車内に入ってみます。
P3081053.jpg
新幹線にこんな表記初めて見たわ~(笑)

さて車内はというと外観と合わせて0系らしいブルー仕様
あと「ホビートレイン」らしく
列車の模型がショーケースの中に数多く展示しています。
P3081055.jpg
主に四国で走っている(いた)新旧の列車と新幹線の模型。
写っていないけどJR四国の113系黄色カラーがあったのは意外でした。

あと気がつきにくいところでカーテンもオシャレなものに。
P3081056.jpg
また座席も0系をイメージしたアナログチックなもの。
でも真新しいのである意味新鮮味がありました。

ということで短い時間だったけどホビートレインを堪能。
本当はこれに乗って旅を楽しむのが至極なことなのでしょうけど
なにせ予土線は瀬戸大橋のある位置から対比する場所だけにとても遠方。
フリーきっぷなどを使って行くべき地ですね。

とはいえ私も予土線には過去に3度は乗ったことのある路線。
四万十川に沿って普通列車に揺られるのも味があって好きなところ。
これをきっかけにまた行ってみたい気分を与えてくれます。
JR四国の「バースデーきっぷ」だったら…ね。

そんな感じでこの「世界一遅い新幹線」
JR四国の新たな魅力となることを期待しています。
鉄道
トラックバック:--  | コメント:--