03<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>05
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
トラックバック:--  | コメント:--
2018/04/24 ( Tue ) 05:39:52
記事編集
久しぶりにPCの中身をいじりました。

CPUクーラー「IZUNA」(SCIZN-1000I)
IMG_20180403_200546x400.jpg
インテル専用で安価だったのと、590gで軽量なのが選んだポイント。
このPCがSandy Bridge世代で、稼働7年目の大ベテランですから…。

あとこちらのレビューも参考に 
 →エルミタ的一点突破 Vol.43 サイズ「IZUNA」検証

それにしてもこのフィンがすごいですな。
大根おろしみたいなギザギザ。
IMG_20180403_200701x400.jpg
軽く触れてみましたが実際痛かったし(笑)

--------------------

ということで早速取り付け。

「忍者参」(SCNJ-3000)さん、おつかれさま。
IMG_20180403_200942x400.jpg
当時のブログ記事を見たら
パッケージが日焼けしていたワケあり商品で2000円だったらしく。
中身は至って問題ないから言い買い物をしていたみたいです。

ちなみに今回クーラーを変更した理由は
昨年夏頃からCPUの温度が5~7℃ほど上がっていたから。

で、忍者参を取り外したところグリスがカピカピに乾燥していたり。
こりゃ接着面との絡みなんてないですな。

ということ実は新CPUを買わなくても
グリスさえ塗り替えればまだ現役で使えるんですけど、
ヒートパイプなどの経年劣化もあるでしょうからここで引退してもらいます。


そんな感じでIZUNAへ換装。
インテル純正のと同じプッシュピン式リテンションなのでわかりやすです。
IMG_20180403_210908x400.jpg

冷却は従来の「忍者参」と同じ程度に冷えているので効果有り。
軽くなったのでM/Bの負担が若干減ったかな。

ということでこのPCとはこのクーラーでラストまでがんばってもらいましょ。
スポンサーサイト
PC
トラックバック:--  | コメント:--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。